eラーニング白書  2008/2009年版

日本イーラーニングコンソシアム【編】

ナレッジ・ワーク、コミュニケーション活用、DS、Wii、PSP、iPod…企業・高等教育機関・個人・eラーニングベンダ調査をもとに新たな進化系を読み解く。発展期から活用期へ…拡がるeラーニング最新トレンドの重点項目を精選して集約。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の特徴とeラーニングの定義
  • 第1章 企業、個人におけるeラーニングの活用状況
  • 第2章 教育機関におけるeラーニングの活用状況
  • 第3章 eラーニングビジネスの動向
  • 第4章 アジア主要国の状況
  • 第5章 SCORM規格の普及
  • 付録 アンケート調査の概要

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 eラーニング白書
著作者等 オーム社開発局
先進学習基盤協議会
日本イーラーニングコンソシアム
経済産業省商務情報政策局情報処理振興課
書名ヨミ Eラーニングハクショ : 2009
巻冊次 2008/2009年版
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2008.8.1
ページ数 176p
大きさ 24×19cm
ISBN 978-4-501-54410-2
NCID BA52367737
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想