日本人と持続可能な社会

新田功 編

[目次]

  • 第1部 持続可能性と生活の質(持続可能な発展と生活の質
  • 持続可能な住みやすい都市・住みやすい地域とは-カナダ・バンクーバー市の地域づくりと日本人移住者の視点)
  • 第2部 コミュニティの持続可能性(自治体と持続可能性-東京都西多摩郡瑞穂町を事例として
  • 自治体の人口再生産と持続可能性-静岡県駿東郡長泉町の子育て環境と地域社会
  • 「伝統」の変容と持続-「島」社会に見る再生と持続のメカニズム
  • 持続可能な観光への挑戦-御蔵島エコツーリズムの試み
  • 現代日本社会における常識とは何か、そしてその持続可能性-ことわざ社会心理学の視点からの分析)
  • 第3部 システムの持続可能性(ジェンダー平等な福祉社会の実現へ向けて
  • 戦後日本の起業・投資の経済社会学的な特徴-弱持続可能性の視点からの提言
  • 近代ヨーロッパにおける女性論-J.ミラーの所論をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人と持続可能な社会
著作者等 新田 功
日本社会・文化研究会
日本社会文化研究会
書名ヨミ ニホンジン ト ジゾク カノウ ナ シャカイ
書名別名 Nihonjin to jizoku kano na shakai
シリーズ名 日本社会を解読する / 日本社会・文化研究会 監修 5
出版元 人間の科学新社
刊行年月 2008.7
ページ数 359p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8226-0279-6
NCID BA86895011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22584725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想