神経回路の制御と脳機能発現のメカニズム : 細胞移動・接着から記憶・学習・行動発現までの分子基盤解明と研究を躍進させる最新技術

真鍋 俊也;岡本 仁【編】

[目次]

  • 概論 神経回路の理解を介して統合される脳科学
  • 第1章 分子レベルからみた回路形成(大脳皮質ニューロンの運命決定機構
  • 神経幹細胞運命決定を制御するエピジェネティクス機構 ほか)
  • 第2章 回路から行動へ(線虫の走性行動と学習にかかわる分子と神経回路
  • ショウジョウバエ嗅覚連合学習における神経回路基盤 ほか)
  • 第3章 神経回路研究に利用される技術(In vivoにおける神経活動の2光子励起観察法
  • ヒト視覚野の視野表現地図と機能構造のfMRI研究 ほか)
  • 第4章 神経回路の破綻による疾患(自閉症モデルマウス
  • 自閉症の遺伝要因とCAPS2遺伝子 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経回路の制御と脳機能発現のメカニズム : 細胞移動・接着から記憶・学習・行動発現までの分子基盤解明と研究を躍進させる最新技術
著作者等 岡本 仁
真鍋 俊也
書名ヨミ シンケイカイロノセイギョトノウキノウハツゲンノメカニズム : サイボウイドウセッチャクカラキオクガクシュウコウドウハツゲンマデノブンシキバンカイメイトケンキュウヲヤクシンサセルサイシンギジュツ
出版元 羊土社
刊行年月 2008.7.18
ページ数 233p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7581-0292-6
ISSN 02885514
NCID BA86381397
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想