世界の翻訳家たち : 異文化接触の最前線を語る

辻 由美【著】

本書におさめたインタビューの大半はアルルとパリでおこなった。いちばん古いのは一九九〇年三月のもの、いちばん新しいのは一九九四年三月のものである。翻訳の問題をできるだけ多角的な視点からとらえるために、書評家、翻訳家組織の責任者、欧州連合(EU)の通訳機関、翻訳学校、各国の翻訳家施設の創設者たちにもインタビューした。オンデマンド出版による復刻版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中国文学・日本文学をフランス語に翻訳する人たち(翻訳という試練をくぐりぬけるとき-ジャン・レヴィ
  • 日仏バイリンガルの冒険-坂井セシル ほか)
  • 第2章 さまざまな国の多彩な翻訳家たち(ベルリン・オペラのダンサーから翻訳家へ-ユリア・タルディ=マルクース
  • 芸術家の魂と旺盛な生活力と-ニドラ・ポレール ほか)
  • 第3章 翻訳をめぐる事情(書評家の立場から-ニコル・ザンド
  • 欧州連合をささえる通訳たち-クリスティアン・ハイノルド ほか)
  • 第4章 翻訳家たちの仕事と交流の場-その創設者たち(ドイツ・シュトラーレン市のヨーロッパ翻訳家コレギウム‐着想のもとにあったのは、十二世紀トレドの翻訳活動-エリカ・トプホーヴェン=シェーニング
  • フランス・アルル市の国際出版翻訳家コレージュ‐翻訳家の仕事にはもっと光があてられなければならない-フランソワーズ・カンポ=ティマル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の翻訳家たち : 異文化接触の最前線を語る
著作者等 辻 由美
書名ヨミ セカイノホンヤクカタチ : イブンカセッショクノサイゼンセンヲカタル
シリーズ名 Shinhyoron Selection 60
出版元 新評論
刊行年月 2008.5.31
ページ数 285p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7948-9940-8
NCID BA87300153
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想