特集・30号によせて・近代と現代の対話 : 社会学史研究 : 個人化論を通して  第30号

日本社会学史学会【編】

[目次]

  • 特集・30号によせて
  • 特集・近代と現代の対話-個人化論を通して
  • 複数の社会学と「社会学」-社会学の創設期における国際社会学協会の役割について
  • 『再生産』以後のブルデュー-一九七〇年代における三つの基礎概念の形成
  • ピエール・ブルデューにおける「歴史」の位置-「ハビトゥスの二重の歴史性」という視座
  • 社会学とスポーツ-ダンスを対象として浮上する「身体化」概念の意義
  • 新保守主義とアメリカ社会学-D.ベル、P.L.バーガーの現代社会論に着目して
  • 「物語」理解と他者理解-言葉からの分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集・30号によせて・近代と現代の対話 : 社会学史研究 : 個人化論を通して
著作者等 日本社会学史学会
書名ヨミ トクシュウ30ゴウニヨセテキンダイトゲンダイノタイワ : シャカイガクシケンキュウ : コジンカロンヲトオシテ : 30
巻冊次 第30号
出版元 いなほ書房
星雲社
刊行年月 2008.6.25
ページ数 201p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-434-12108-1
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想