薔薇の花びらの上で : イヴ&ローク  13

ロブ J.D.【著】<Robb J.D.>;小林 浩子【訳】

深夜のニューヨークで、若い女性が自分の住む高層マンションから落下した。調べによると、死因は違法ドラッグの過剰摂取。つまり、落下前に死亡していたことになる。誰かが彼女を落下させたのだ。彼女の部屋には、キャンドルの灯るテーブルでワインを飲んだ形跡があり、ベッドにはピンクの薔薇の花びらが敷きつめられていた。やがて、似通った事件が発生した。共通点はキャンドル、ワイン、薔薇、そしてドラッグ。しかも、捜査に乗りだしたイヴとロークを嘲笑うかのように、犯人たちはさらなる戦慄のゲームを仕掛けていく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薔薇の花びらの上で : イヴ&ローク
著作者等 Robb, J. D.
小林 浩子
ロブ J.D.
書名ヨミ バラノハナビラノウエデ : イヴアンドローク : 13
シリーズ名 ヴィレッジブックス
巻冊次 13
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2006.10.20
ページ数 534p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-843-3
NCID BA90805351
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想