椿の花は何を語る : 隠し剣  2の巻

野火 迅【著】

非力で平凡な高校教師にすぎなかった活人は、父を殺され、その仇の暗殺集団と戦うことを宿命づけられる。しかも活人も知らなかったことだが、父によって密かに古武術者としての超絶した身体能力と技=新陰流の奥儀が伝授されていたのだった。父を殺した暗殺団、夢想願流一派との死闘から三ヶ月余り、活人のもとに一輪の椿と巻物が送られてくる。送り主がわからない謎の巻物を奪われたとき、新たなる戦いの火ぶたがきって落とされた。大好評、本格剣戟小説第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 椿の花は何を語る : 隠し剣
著作者等 野火 迅
書名ヨミ ツバキノハナハナニヲカタル : カクシケン : 2
シリーズ名 ヴィレッジブックスedge
巻冊次 2の巻
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2007.5.30
ページ数 261p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-891-4
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想