チョコチップ・クッキーは見ていた

フルーク ジョアン【著】<Fluke Joanne>;上條 ひろみ【訳】

ハンナはお菓子作りの腕をいかして、世界一おいしいクッキーを出すお店を経営している。店の評判は上々、地元の人たちのくつろぎの場として愛されていた。そんなハンナの悩みといったら、「結婚しなさい」とうるさい母親くらいのもの。忙しくものどかな毎日だったが、ある日、店の裏手で牛乳配達人の死体が発見され、町は大騒ぎに。義弟である保安官助手に捜査を手伝うと約束してしまったことから、ハンナは自慢のクッキーを手に町の人たちへの聞きこみを始めた。おいしいものの前ではだれしも口が軽くなる。思わぬ名探偵ぶりを発揮するハンナだが…。甘くコージーなお菓子ミステリー・シリーズ第一弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チョコチップ・クッキーは見ていた
著作者等 上條 ひろみ
Fluke Joanne
フルーク ジョアン
書名ヨミ チョコチップクッキーハミテイタ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2007.5.15
版表示 第6刷
ページ数 435p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-672-9
NCID BB04062383
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想