180度の大激変! : 恐慌と大天災続出時代、しかし「心配不要」

船井 幸雄【著】

船井幸雄が40年の歳月をかけて分かってきた「この世のしくみ」と「にんげんの生き方」-いまの船井幸雄をまるごと書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 素直になると、本当の情報が集まってくる(「超プロ」と言っていい友人たちから真実の情報がとびこんでくる
  • 今後の世界経済のキーパーソンはソロスとグリーンスパン ほか)
  • 第2章 この世のすべては、「必然、必要、ベスト」?(知れば知るほど、必然、必要、ベストとしか考えられない
  • 「聖書の暗号」に、私の適職が書かれていた ほか)
  • 第3章 「占い師」兼「呪い師」こそ、リーダーの条件(いま、日本にとって大事なことは素晴らしいリーダーの出現
  • 日本がこんなにおかしいのは、よいリーダーがいないからだ ほか)
  • 第4章 各自の使命は、興味や特性からわかる(誰でもその気になれば、自分の使命を知ることができる
  • 神々や地球は、大変革をもう待ってくれないようだ)
  • 第5章 勉強し、世のために尽くし、自分の責任で生きよう(「超素直」になって「超プロ」の人脈をつくろう
  • 理解し納得して確信をもって意思決定をして行動しよう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 180度の大激変! : 恐慌と大天災続出時代、しかし「心配不要」
著作者等 船井 幸雄
書名ヨミ ヒャクハチジュウドノダイゲキヘン : キョウコウトダイテンサイゾクシュツジダイシカシシンパイフヨウ
出版元 徳間書店
刊行年月 2008.6.30
ページ数 255p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-19-862554-2
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想