八重山商工野球部物語

神田 憲行【著】

日本最南端の青春物語!伊志嶺吉盛、52歳。月5万円の派遣監督、野球に熱中するあまりバツ2独身。ツルツル頭で、行く先々で愛される。ちょっとユーモラスな熱血監督が、時にあらがう島のマイペースな少年たちを、10年がかりで強豪チームに育てあげた。生粋の島育ちの少年たちが甲子園に出場、そして頂点をめざす!それは4万8千島民の震えるような夢だった。沖縄・石垣島、県立八重山商工高等学校。2006年春から夏へ、光と風と波がきらめく国からやってきた、笑いと涙の青春ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 甲子園にやってきた-離島の星、17奪三振の衝撃
  • 第2章 石垣島のやんちゃ坊主-監督と子供たちの10年間
  • 第3章 エースの必要条件-弱さを乗り越えれば、夏が見える
  • 第4章 波乱の幕開け-帰ってきた夏の甲子園
  • 第5章 9回裏の笑顔-旅の終わりと、「一家」の向かう先
  • おまけ 伊志嶺語録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八重山商工野球部物語
著作者等 神田 憲行
書名ヨミ ヤエヤマショウコウヤキュウブモノガタリ
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2006.12.20
ページ数 204p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-86332-526-5
NCID BA79906038
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想