強盗こそ、われらが宿命  下

ホーガン チャック【著】<Hogan Chuck>;加賀山 卓朗【訳】

朝出勤してきたら、天井から降ってきた強盗が金を奪い、副支店長が眼前で半殺しにされ、自分も人質にされる-そんな苛酷な経験をしたクレアは、なかなか心の傷が癒えない。彼女の苦痛を目の当たりにしたダグは、次の仕事を機に強盗稼業からは足を洗おうと決心する。しかし、他の仲間たちはこんな実入りのいい商売をやめる気はさらさらない。青春時代を共にした悪党どものために、ダグは最後の大博打を打つことにした。クレアに淡い恋心を抱くFBI捜査官フローリーはそれを察知、ダグへの嫉妬心からある奸計を思いつくのだが…。すべてが終わって微笑むのは誰か。運命の時は来た。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強盗こそ、われらが宿命
著作者等 Hogan, Charles
加賀山 卓朗
Hogan Chuck
ホーガン チャック
書名ヨミ ゴウトウコソワレラガサダメ : ゲ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
巻冊次
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2007.9.20
ページ数 339p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-916-4
NCID BB06295848
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想