強盗こそ、われらが宿命  上

ホーガン チャック【著】<Hogan Chuck>;加賀山 卓朗【訳】

全米一、銀行強盗発生率の高い街であるボストン郊外のチャールズタウン。ここでは強盗は誇り高き家業だ。そんな街で生まれ育ったダグは、幼なじみを率いて、現金強奪をすることに何の疑問も抱いていなかった。だが、ある銀行襲撃をきっかけに、何かが変わった-銀行の女性支店長クレアに恋をしてしまったらしい。深入りできない苦しい恋に悩みながら、次の襲撃の準備を進めるダグ。一方、FBIは着々とダグたち一味に捜査の手を伸ばしていた。加害者と被害者、追う者と追われる者が、クレアを軸にして出会ったとき…。巧みな人物描写とプロットで読ませる、傑作ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強盗こそ、われらが宿命
著作者等 Hogan, Charles
加賀山 卓朗
Hogan Chuck
ホーガン チャック
書名ヨミ ゴウトウコソワレラガサダメ : ジョウ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
巻冊次
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2007.9.20
ページ数 392p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-915-7
NCID BB06295848
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想