ブリジット・ジョーンズの日記 : きれそうなわたしの12か月  上

フィールディング ヘレン【著】<Fielding Helen>;亀井 よし子【訳】

ブリジット・ジョーンズ-30代、マスコミ勤務、結婚歴なし。その年の暮れ、超敏腕弁護士マーク・ダーシーによって一家の危機を救われ、マークとの愛を確かめあったブリジット。念願のボーイフレンドができて、このうえなくハッピーな一年がくる…そう信じていた。「荒野をさまようような歳月は終わった。もうこれで"愛に見放された社会ののけ者"じゃないことが証明された!ばんざーい!」とばかりに。でも、やはり安定した生活はながくはつづかなかった…。あのブリジットが帰ってきた。しかもパワーアップして…大変よろしい。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブリジット・ジョーンズの日記 : きれそうなわたしの12か月
著作者等 Fielding Helen
亀井 よし子
フィールディング ヘレン
書名ヨミ ブリジットジョーンズノニッキ : キレソウナワタシノ12カゲツ : ジョウ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
巻冊次
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2007.12.20
ページ数 292p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-757-3
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想