1421 : 中国が新大陸を発見した年

メンジーズ ギャヴィン【著】<Menzies Gavin>;松本 剛史【訳】

我々の歴史認識を覆す、中国の凄い歴史のひとこまが、今はじめてあらわになる!15世紀のはじめ、明は世界的な大国家の建設を始めた。鄭和を最高司令官とした艦隊が世界の大海原へと飛びだしていった。目標は、多くの周辺国を傘下に収め、世界を制覇すること。当時中国は、西洋がおよびもつかない航海の技術を持ち合わせていたのだ。鄭和のもと、提督たちはそれぞれ違った進路を取ることとなった。喜望峰を越え南極へと向かった者、さらに大西洋を越えアフリカ大陸にたどりついた者-コロンブスより遡ること70年、中国人たちによる航海の軌跡は驚愕に値する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 中華帝国の野望
  • 第2部 導きの星
  • 第3部 海峡を越えて南極へ-洪保の航海
  • 第4部 南十字星の下で-周満の航海
  • 第5部 さらに北へ、さらに西へ-周鼎の航海
  • 第6部 経度の測定-楊慶の航海
  • 第7部 中国人の航跡をたどって-ポルトガルの大航海時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1421 : 中国が新大陸を発見した年
著作者等 Menzies, Gavin
松本 剛史
メンジーズ ギャヴィン
書名ヨミ センヨンヒャクニジュウイチ : チュウゴクガシンタイリクヲハッケンシタトシ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2007.12.20
ページ数 524p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-930-0
NCID BA8746430X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想