ハイランドの戦士に別れを

モニング カレン・マリー【著】<Moning Karen Marie>;上條 ひろみ【訳】

16世紀のスコットランド。名高い戦士グリムのもとに一通の手紙が届いた。差出人は彼が少年の頃に世話になった領主で、愛娘ジリアンのために帰ってきてほしいと書かれている。かつて相思相愛の仲だったジリアンをグリムが忘れたことはなかった。彼女の住む領地に戻ってみると、ほかに二人の男が招かれていた。彼ら三人はジリアンの花婿候補として呼ばれたのだった。だが、いくらジリアンを愛していても、グリムには絶対に結婚できない理由があった。それは、彼の正体が伝説の狂戦士ベルセルクであり、戦いのときには身も心も獣と化してしまうから…。ベストセラー『ハイランドの霧に抱かれて』につづくヒストリカル・ロマンスの熱い新風。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイランドの戦士に別れを
著作者等 Moning Karen Marie
上條 ひろみ
モニング カレン・マリー
書名ヨミ ハイランドノセンシニワカレヲ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2006.7.20
ページ数 490p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-825-9
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想