ミッドナイト・キャブ

ニコル ジェイムズ・W.【著】<Nichol James W.>;越前 敏弥【訳】

19歳の青年ウォーカーは3歳で孤児となった。やっとよい里親に恵まれて今は幸せに暮らしているが、置き去りにされたときの母の記憶がどうしても頭を離れない。なぜぼくを迎えに来てくれなかったのか?母は今どうしているのだろう…。とうとうウォーカーは保護時の所持品である、手紙と母らしき少女の写真を手に、都会へ出てきた。就職したタクシー会社で知り合った車椅子の聡明な美女クリスタの手を借りて、母の足跡をたどりはじめる。しかし、調査の妨害をする何者かが現れ、そこには残虐な殺人鬼の影が!?カナダが生んだ名ストーリーテラーの秀作ミステリー。カナダ推理作家協会最優秀長篇賞受賞!CWA最優秀長篇賞ノミネート。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミッドナイト・キャブ
著作者等 Nichol James W.
越前 敏弥
ニコル ジェイムズ・W.
書名ヨミ ミッドナイトキャブ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2007.7.20
ページ数 470p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-904-1
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想