水晶の鐘が鳴るとき  上

ローウェル エリザベス【著】<Lowell Elizabeth>;高田 恵子【訳】

金と宝石で飾られて燦然たる輝きを放つ12世紀の写本『賢者の書』。計り知れない価値を持つその書を代々保管してきた一族の老女が何者かによって無残にも焼き殺された。犯人の目当ては写本だった。だが、すでに写本は老女の孫娘セリーナの手に委ねられていた。セリーナは中世写本の専門家エリックに『賢者の書』を見せる。不可解にも、エリックと初めて会ったときに彼女が強く感じたのは、「この人とは以前にもどこかで会っている」という思いだった…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水晶の鐘が鳴るとき
著作者等 Lowell Elizabeth
高田 恵子
ローウェル エリザベス
書名ヨミ スイショウノカネガナルトキ : ジョウ
シリーズ名 ヴィレッジブックス
巻冊次
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2002.10.3
ページ数 320p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86332-660-6
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想