大学生論 : 高等教育研究  第11集

日本高等教育学会【編】

[目次]

  • 特集 大学生論(学生文化の実態と大学教育
  • 大学進学者の文化資本形成
  • 学生のエンゲージメントと大学教育のアウトカム
  • 高等教育大衆化時代における大学生のキャリア意識-入学難易度によるキャリア成熟の差異に着目して
  • 大学生の進路選択と就職活動
  • 「学生の流動化」と進路形成-現状と可能性
  • 大学生研究の位相)
  • 論稿(英国高等教育資格課程(PGCHE)における大学教員の教育職能開発
  • アメリカ営利大学と連邦政府学生援助プログラム-Title4 適用範囲の拡大を目指す営利大学の戦略
  • 小規模公立高校と大学教育の機会-教育課程の比較分析
  • 東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析-大学立地政策による規制効果の検証と規制緩和後の動向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学生論 : 高等教育研究
著作者等 日本高等教育学会
書名ヨミ ダイガクセイロン : コウトウキョウイクケンキュウ : 11
巻冊次 第11集
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2008.5.26
ページ数 242p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-472-18038-5
ISSN 13440063
NCID BA85934402
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想