仲裁とADR  第3号

仲裁ADR法学会【編】

[目次]

  • 論説(調停の理念と技術-法社会学の観点から
  • 仲裁判断の既判力)
  • 実務の潮流(家事調停について
  • 交通事故紛争処理センターの概要と展望
  • 公害等調整委員会における仲裁制度活用への取組み)
  • ケース研究(国際商事模擬仲裁
  • ケースに見る弁護士会仲裁の可能性)
  • 海外文献紹介(ARBITRATION INSIGHTS TWENTY YEARS OF THE ANNUAL LECTURE OF THE SCHOOL OF INTERNATIONAL ARBITRATION,Sponsored by Freshfields Bruckhaus Deringer,(Kluwer Law International,The Netherlands 2007),pp.vi+506
  • ARBITRATION INSIGHTS TWENTY YEARS OF THE ANNUAL LECTURE OF THE SCHOOL OF INTERNATIONAL ARBITRATION,Sponsored by Freshfields Bruckhaus Deringer,(Kluwer Law International,The Netherlands 2007)
  • Straus Institute for Dispute Resolution,Pepperdine University School of Law(2005)"Mediation‐The Art of Facilitating Settlement‐An Interactive Training Program")
  • ADR機関便り(消費生活用製品PLセンターの概要)
  • 個別報告(スポーツ仲裁をめぐる若干の論点
  • Both Side Now-交互面接方式調停と同席方式調停)
  • シンポジウム(消費者紛争ADRの現状と展望)
  • 研究会「第2回」報告(消費者紛争ADRの国際規格化:現状と展望)
  • 学会雑報
  • 会則

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仲裁とADR
著作者等 仲裁ADR法学会
書名ヨミ チュウサイトADR : 3
巻冊次 第3号
出版元 商事法務
刊行年月 2008.5.30
ページ数 158p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7857-1546-5
NCID BA79190082
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想