はじめて学ぶ環境計量士試験

福井 清輔【編著】

初めて環境計量士という国家試験の受験を検討される方や、世の中に出ている環境計量士の本では少しハードルが高くて苦労するという方などのために、基本事項をできるだけ分かりやすく執筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 受験の相談(環境計量士とは、どんな資格なのですか?
  • 環境計量士の合格基準はどの位ですか?必ず、60%を取らないと合格できませんか? ほか)
  • 第2編 環境と化学(環境の法律についてはどのくらい詳しいところまで勉強しなければなりませんか?
  • 化学には自信が無いのですが、基礎化学はどうやって勉強したらいいですか? ほか)
  • 第3編 濃度の計量(分析技術にはどんな意義がありますか?また、試験ではどんな問題が出ているのでしょうか?
  • 質量濃度をモル濃度に変換する計算問題がよく出ているようですが、どうやって計算するのですか? ほか)
  • 第4編 計量の法規(計量法の体系について教えて下さい。
  • 計量法はしょっちゅう改正されていると聞きますが、受験にあたってどんなことに注意しておいたらいいのでしょうか?また、「計量法の大改正」と言われる平成4年の改正の骨子はなんですか? ほか)
  • 第5編 計量の管理(標準化とは、いったい何ですか?
  • 測定誤差の分野で、誤差や偏差など似たような用語が出てきますが、それらをまとめて教えて下さい。 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめて学ぶ環境計量士試験
著作者等 福井 清輔
書名ヨミ ハジメテマナブカンキョウケイリョウシシケンノウドカンケイ
出版元 弘文社
刊行年月 2008.5
ページ数 256p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7703-2269-2
NCID BA87819063
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想