忘れられた思想家 : 安藤昌益のこと  上巻

ノーマン E.ハーバート【著】;大窪 愿二【訳】

徳川封建制度に対する本格的な批判者としての安藤昌益を発見した著者は、この政治思想家の全貌や当時の思想潮流を的確に描きつつ、世界史的観点からもその独自性を明らかにした。多くの日本人歴史家を瞠目せしめた卓越した史眼と、歴史に埋もれた思想家との出会いを示す古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説
  • 第2章 安藤昌益-その人
  • 第3章 昌益の時代-徳川封建社會
  • 第4章 封建制の批判-社會階級とイデオロギー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘れられた思想家 : 安藤昌益のこと
著作者等 Norman, E. Herbert
大窪 愿二
ノーマン E.ハーバート
書名ヨミ ワスレラレタシソウカ : アンドウショウエキノコト : ジョウカン
シリーズ名 岩波新書
巻冊次 上巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.4.22
版表示 復刊
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4004131413
NCID BN01811037
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想