MARUYAMA MASAO : and the Fate of Liberakism in twentieth-Century Japan

苅部 直【著】;Noble David【英訳】

[目次]

  • PROLOGUE THE FATE OF A THINKER
  • 1 "A TAISHO KID"
  • 2 IN A POLITICIZED AGE
  • 3 FROM WAR TO POSTWAR
  • 4 CONCEIVING POSTWAR DEMOCRACY
  • 5 POLITICS AND HUMANITY IN THE CONTEMPORARY WORLD
  • EPILOGUE THE SENSE OF OTHERNESS

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MARUYAMA MASAO : and the Fate of Liberakism in twentieth-Century Japan
著作者等 Noble David
苅部 直
書名ヨミ MARUYAMA MASAO : AND THE FATE OF LIBERAKISM IN TWENTIETH CENTURY JAPAN
シリーズ名 長銀国際ライブラリー叢書
出版元 I-House Press
刊行年月 2008.4
ページ数 212p
大きさ 24×16cm
ISBN 978-4-903462-10-3
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想