ヴァリニャーノとキリシタン宗門

松田 毅一【著】

信長・秀吉・家康三代にわたる日本の歴史上もっとも波乱にとみ、かつロマンのある時代天正遣欧使節の派遣や、ローマ法王への謁見を企てたヴァリニャーノ。彼こそが、日本キリシタン史上最も大いなる活動をした人物である。その人物、業績を日欧交渉史の泰斗である松田毅一が書きあげた渾身の一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イエズス会日本巡察師ヴァリニャーノ
  • 前篇 A・ヴァリニャーノ
  • 中篇 第一次日本巡察
  • 後篇 後半生
  • キリシタン宗門の興廃
  • 付録 一五八六年十二月二十日付、コチン発信、イエズス会総長アクアヴィーヴァ宛、巡察師ヴァリニャーノの書簡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァリニャーノとキリシタン宗門
著作者等 松田 毅一
書名ヨミ ヴァリニャーノトキリシタンシュウモン
シリーズ名 松田毅一著作選集
出版元 朝文社
刊行年月 2008.4.14
版表示 新装版
ページ数 258p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-88695-209-7
NCID BA88089013
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想