宗教哲学研究  No.25(2008)

京都宗教哲学会【編】

[目次]

  • モダニティの再帰性と宗教哲学的思索の地平-科学技術の問題をめぐって
  • トマスとハイデガー-長倉久子「"だ"そのものなる神-"絶対無"と"存在"を超えて-」を巡って
  • 「宗教と生命倫理」とはいかなる事柄か
  • 表現としての飲酒-AA誕生時に見られる自覚の伝達を巡って
  • 無限責任による覚醒-レヴィナスにおける暴力の問題
  • シンポジウム・長谷正當先生の思想(透明化する媒介-長谷先生の思索と現代フランス哲学
  • 無限とイマージュ-長谷正當『心に映る無限-空のイマージュ化』が示唆すること
  • 長谷正當先生への問い)
  • 展望/回顧・心茶会と久松先生のこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教哲学研究
著作者等 京都宗教哲学会
書名ヨミ シュウキョウテツガクケンキュウ : 2008
巻冊次 No.25(2008)
出版元 京都宗教哲学会
昭和堂
刊行年月 2008.3.31
ページ数 136,6p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8122-0809-0
ISSN 02897105
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想