糖鎖科学への招待

辻崇一, 梶本哲也 共著

[目次]

  • 1 糖鎖を理解するために
  • 2 糖鎖の一次構造と高次構造
  • 3 糖鎖の構造解析-PA化法、核磁気共鳴(NMR)スペクトルおよび質量分析(MS)の利用を中心に
  • 4 糖鎖の生合成
  • 5 糖鎖の機能-糖鎖の認識から生物学的機能発現までの分子機構を中心に
  • 6 分子レベルでの糖鎖構築法-化学的手法、酵素学的手法と分子生物学的手法について
  • 7 糖鎖構築法の応用と将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖鎖科学への招待
著作者等 梶本 哲也
辻 崇一
書名ヨミ トウサ カガク エ ノ ショウタイ
出版元 三共
刊行年月 2008.4
ページ数 157p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7827-0519-3
NCID BA85419541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22586249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想