金融店舗の未来戦略 : 「顧客増大」「収益向上」を実現する店舗づくり

丹羽 哲夫【著】

採算の取れるリテール店舗とは?そのノウハウをズバリ教えます!メガバンク、先進的な地方銀行、外資系、さらにはイオン銀行やSBIなどの新規参入組の戦略&展開を徹底分析。金融機関が今後生き残るための方策が満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 顧客ニーズの変化と専門性の追求(公的年金制度の破綻の恐れ
  • 資産運用ニーズの高まり ほか)
  • 第2章 新規参入企業の店舗戦略(イオン銀行の店舗戦略
  • セブン銀行の店舗戦略 ほか)
  • 第3章 既存金融機関の店舗戦略(三菱東京UFJ銀行とグループ
  • みずほ銀行とグループ ほか)
  • 第4章 金融機関の未来店舗戦略の展望(現在の店舗戦略の総括
  • 現在の店舗戦略‐1 個人機能特化店の展望 ほか)
  • 第5章 未来店舗戦略を支えるシステム構築(人事制度の再構築‐1 運用利回りを高められる相談員の育成
  • 人事制度の再構築‐2 相談員のキャリアパス設計 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融店舗の未来戦略 : 「顧客増大」「収益向上」を実現する店舗づくり
著作者等 丹羽 哲夫
書名ヨミ キンユウテンポノミライセンリャク : コキャクゾウダイシュウエキコウジョウヲジツゲンスルテンポズクリ
出版元 近代セールス社
刊行年月 2008.3.23
ページ数 206p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7650-0981-2
NCID BA86172546
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想