メディアとプロパガンダ

ノーム・チョムスキー 著 ; 本橋哲也 訳

産軍複合体を背景として政府に都合のよい国民的コンセンサスを捏造する-それが主流メディアの役割だ。暗黙のうちに張りめぐらされた「教化システム」を暴き、メディア・大企業・政府による専制支配を読み破る、チョムスキーの真骨頂。現代社会への鋭利かつ根本的な分析と批判。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 何が主流メディアを主流にするのか
  • 「中東は嘘をつく」
  • 防御的攻撃
  • 日曜版-休ませてくれない一日
  • 民主主義という文化について
  • 第三世界、第一の脅威
  • 「民主主義への渇望」
  • 非暴力の使徒
  • UN(国連)イコールUS(我ら米国)
  • 追伸「モイニハンの木馬に乗る」
  • われらの「倫理目標意識」
  • 「われら人民」
  • 平和をもたらす
  • 責任の重荷
  • スターリニズムの死と生
  • 毒の除去
  • 「鬼畜のごとき行為」
  • 政治的に適性なる思想警察
  • 安らかに眠れ
  • おきまりの階級闘争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアとプロパガンダ
著作者等 Chomsky, Noam
本橋 哲也
チョムスキー ノーム
書名ヨミ メディア ト プロパガンダ
書名別名 Letters from Lexington
出版元 青土社
刊行年月 2008.4
ページ数 238, 20p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6399-3
NCID BA85498694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22599494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想