Aube : 比較藝術学  03

芳賀 徹;高階 秀爾【監修】;京都造形芸術大学比較藝術学研究センター【編】

第三号の特集は「まとう」。気鋭の執筆陣を迎えた、古代ギリシアの衣服、歌舞伎の衣装から、ヨーロッパにおけるクチュリエの誕生とその変容を経て、性差を超える現代ファッションやマネキンの世界へと時空を越え、「まとう」という本質的な身振りを通して、社会や時代の多彩なあり方が万華鏡のように映し出されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集「まとう」(まとうこと-古代ギリシアの女性の衣服を中心に
  • 伝統芸能の衣装-歌舞伎・「まとう」は役者の自己主張 ほか)
  • 特別寄稿(真のイメージ-ビザンティウムから西方までのキリストの顔
  • イタリア王国の「美術外交」-「美術」という制度の「輸出品」としての美術学校 ほか)
  • 服を創る 文化を創る(スーパースターとしてのクチュリエ
  • ファッションという文化-展覧会の役割 ほか)
  • パリ・一九二〇年代・藤田嗣治-一九二〇年代パリの絵画技法の潮流とフジタ
  • 連続公開セミナー報告16・レオナルドの時代のヴェロッキオ工房におけるペルジーノ-レオナルドの『受胎告知』を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Aube : 比較藝術学
著作者等 京都造形芸術大学国際藝術研究機構比較藝術学研究センター
芳賀 徹
高階 秀爾
京都造形芸術大学比較藝術学研究センター
書名ヨミ AUBE : ヒカクゲイジュツガク : 03
巻冊次 03
出版元 淡交社
刊行年月 2008.3.29
ページ数 207p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-473-03514-1
NCID BA85920623
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想