子ども条例ハンドブック : 子どもの権利研究  第12号

子どもの権利条約総合研究所【編】

[目次]

  • 1 なぜ、いま、子ども条例なのか(子ども条例のこれまでとこれから-子どもの権利の視点に立った条例を
  • 子育て支援計画から子ども支援条例をつくる ほか)
  • 2 条例によって何が実現するのか(条例をどのように実施していくか
  • 子どもの権利の広報、学習・教育 ほか)
  • 3 条例を誰がどのように創っていくか(行政は条例をどのようにつくるか-事前準備・委員会・議会・法令審査など
  • 条例の規則・要綱・要領等をつくる ほか)
  • 4 これからの子ども施策と自治体事例-「子ども施策と地方自治」全国自治体シンポジウム2007in高浜から(子ども固有の相談・救済支援
  • 子ども支援施策の事例 ほか)
  • 5 各地で進む子ども条例づくり(子ども条例制定の動向と特徴
  • 子ども(の権利に関する)条例一覧)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども条例ハンドブック : 子どもの権利研究
著作者等 子どもの権利条約総合研究所
書名ヨミ コドモジョウレイハンドブック : コドモノケンリケンキュウ : 12
巻冊次 第12号
出版元 子どもの権利条約総合研究所
日本評論社
刊行年月 2008.2.28
ページ数 127p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-535-06645-8
NCID BA86659755
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想