西洋古典学研究  56

日本西洋古典学会【編】

[目次]

  • 教訓詩人個々人の系譜的自己規定、ないしジャンル意識
  • アトランティス物語の意味
  • 未来判断とプロタゴラスの人間尺度説
  • アリストテレス『自然学』第2巻第9章における「必然性」の再検討
  • πρ'εβειζ αντοκρ'ατορεζ考
  • 帝政ローマ前期内陸ガリア・イタリア間の水上交易にみる人的紐帯-2人の交易従事者を手掛かりに
  • プルタルコス『対比列伝』と英雄伝承-『テミストクレス・カミルス伝』の統一的解釈の試み
  • アキレウス・タティオスが輝いた頃-17世紀前半のパリを中心に
  • シンポジウム「セネカとその時代」
  • セネカの時代における政治と権力〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋古典学研究
著作者等 日本西洋古典学会
書名ヨミ セイヨウコテンガクケンキュウ : 56
巻冊次 56
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.3
ページ数 202p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-00-009632-4
ISSN 04479114
NCID BN03767184
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想