医者のためのロジスチック・Cox回帰入門

高橋 善弥太【著】

[目次]

  • 概論-なぜ多変量解析が必要か
  • なぜロジスチック解析が推奨されるのか
  • ロジスチック解析の結果の読みかた
  • ロジスチック解析の理論
  • ロジスチックモデルの構築
  • 変数の扱いかたに関する注意
  • 回帰モデルの適合性の評価
  • なぜ比例ハザードモデルが必要か
  • 比例ハザードモデルの読みかた
  • 比例ハザードモデルの理論とモデルの構築
  • ハザード比一定性の検討
  • 時間依存性変数
  • 比例ハザードモデルの適合性の検討
  • ロジスティックモデルと比例ハザードも出るの差異
  • パソコン用ソフトと参考書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医者のためのロジスチック・Cox回帰入門
著作者等 高橋 善弥太
書名ヨミ イシャノタメノロジスチックCOXカイキニュウモン
出版元 日本医学館
刊行年月 2008.3.1
ページ数 98p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89044-651-3
NCID BN12870617
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想