京都時習堂 : 幕末の蘭医広瀬元恭の生涯

鬼丸 智彦【著】

幕末、緒方洪庵と並ぶ蘭学者が京にいた。猛威を振るう種痘の治療法を普及させ、日本初の物理学書や近代兵法の解説書を発行するなど、激動期に希有な働きをした医者。風雲迫る京都に、広瀬元恭と妻イネ、二人の愛が沁み入る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都時習堂 : 幕末の蘭医広瀬元恭の生涯
著作者等 鬼丸 智彦
書名ヨミ キョウトジシュウドウ : バクマツノランイヒロセゲンキョウノショウガイ
出版元 アーカイブス出版
刊行年月 2008.3.14
ページ数 351p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-903870-41-0
NCID BA85712229
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想