特集 「メディア法」はどこへゆくのか : マス・コミュニケーション研究 : メディア法研究者の認識  72

日本マス・コミュニケーション学会【編】

[目次]

  • 特集 「メディア法」はどこへゆくのか-メディア法研究者の認識(メディア法とメディア法学への考え
  • 「メディア法」はどこへゆくのか-メディア法研究者の認識 ほか)
  • 論文(戦時期における岩波文庫の受容-古典と教養の接合をめぐって
  • 「私」を語るテレビ視聴-海外ドラマ『Sex and the City』の生活史的実践 ほか)
  • 2007年度春季研究発表会 ワークショップ報告(メディア環境の変化と議題設定研究の今後
  • 「バックラッシュ」はどのように起きるか-マスメディアとWeb言説空間の呼応関係 ほか):研究会の記録(2006年3月〜2007年5月)(取材源秘匿・情報源明示・署名記事とジャーナリズム
  • 日本における政治・メディア環境の変化とその相互作用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 「メディア法」はどこへゆくのか : マス・コミュニケーション研究 : メディア法研究者の認識
著作者等 日本新聞学会
日本マスコミュニケーション学会
書名ヨミ トクシュウメディアホウハドコヘユクノカ : マスコミュニケーションケンキュウ : メディアホウケンキュウシャノニンシキ : 72
巻冊次 72
出版元 学文社
日本マス・コミュニケーション学会
日本新聞学会
刊行年月 2008.1.31
ページ数 185p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7620-1750-6
NCID BB14897777
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想