放送研究と調査 : NHK放送文化研究所年報  2008(第52集)

NHK放送文化研究所【編】

[目次]

  • われわれはどのようにインターネットをとらえてきたか-文研調査でたどるこの10年
  • デジタルメディア 普及と利用行動の現在値-「日本人とメディア」総合調査研究から
  • デジタル時代の公共放送モデルとは-イギリスBBCの特許状更新議論を終えて
  • 東アジア地域における海外情報発信の現状と課題-日韓中3か国におけるテレビ国際放送事例研究
  • アクセント辞典の誕生-放送用語のアクセントはどのように決められてきたのか
  • 脱テレビ時代の到来-清水幾太郎の論じたテレビと社会、半世紀後の再訪
  • 原子力50年・テレビは何を伝えてきたか-アーカイブスを利用した内容分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放送研究と調査 : NHK放送文化研究所年報
著作者等 日本放送協会放送文化研究所
日本放送協会総合放送文化研究所
NHK放送文化研究所
書名ヨミ ホウソウケンキュウトチョウサ : NHKホウソウブンカケンキュウショネンポウ : 52
巻冊次 2008(第52集)
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2008.1.30
ページ数 342p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-14-007230-1
NCID BN13301435
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想