日本人の宗教とは何か

山折哲雄 編著

日本古来の神道、外来の仏教・儒教・道教・キリスト教、土着の民間信仰、新興宗教など、日本宗教の混合の歴史を詳述しつつ、これからの日本人の宗教のあるべき姿を示す現代人必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 縄文、弥生、古墳時代
  • 第2章 奈良、平安時代
  • 第3章 鎌倉時代
  • 第4章 室町時代
  • 第5章 江戸時代
  • 第6章 明治・大正・昭和・平成
  • 第7章 現代日本人の宗教を考えるためのヒント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の宗教とは何か
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ ニホンジン ノ シュウキョウ トワ ナニカ : ソノ レキシ ト ミライ エノ テンボウ
書名別名 その歴史と未来への展望
出版元 太陽
刊行年月 2008.2
ページ数 364p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88469-554-5
NCID BA84336722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22582744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想