世界の穀物需給とバイオエネルギー

梶井 功【編】

[目次]

  • 1 総論:食料とエネルギー(低食料自給国として"競合"時代にどう対処するか)
  • 2 エネルギーと穀物の世界需給-現状と展望(エネルギー世界需給-1970年代以降の推移・現状・展望
  • 石油需給と多国籍石油企業(メジャー)の動向
  • 最近の世界経済の動きと穀物の需給動向)
  • 3 農作物のエタノール使用の拡大とそのインパクト(農作物のバイオマスエネルギー使用の拡大と穀物需給へのインパクト
  • ブラジル・アメリカを中心とするバイオエタノール生産の拡大と食料需給への影響
  • 中国におけるエタノール生産の状況と穀物需給への影響
  • 穀物需給構造の変化がアメリカ農業法・WTO交渉に与えるインパクト)
  • 4 日本の対応(「バイオマス・ニッポン総合戦略」の整理・検討
  • 地域循環型バイオマス生産・利用の経済構造
  • 日本における食料自給率目標と食料・エネルギー問題の相克)
  • 5 日本のバイオマス戦略(2007)(農林水産省によるバイオマスへの取組(講演)
  • 日本のバイオマスの課題と展望(討論))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の穀物需給とバイオエネルギー
著作者等 服部 信司
梶井 功
書名ヨミ セカイノコクモツジュキュウトバイオエネルギー
シリーズ名 日本農業年報
出版元 農林統計協会
刊行年月 2008.1.10
ページ数 235p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-541-03534-9
NCID BA8436423X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想