天正遣欧使節

松田 毅一【著】

信長・秀吉・家康三代に亘る日本の歴史上もっとも波乱にとみ、かつロマンのある時代。その中のひとつ、4人の少年たちの天正遣欧使節を描く日欧交渉史の泰斗である松田毅一の渾身の一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 南蛮バテレンの企て
  • 第2章 南十字星に導かれて
  • 第3章 南蛮人のふるさとで
  • 第4章 教皇聖下の膝もとで
  • 第5章 地の果ての王子を歓迎
  • 第6章 遥かなる母国に帰る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天正遣欧使節
著作者等 松田 毅一
書名ヨミ テンショウケンオウシセツ
シリーズ名 松田毅一著作選集
出版元 朝文社
刊行年月 2008.1.19
版表示 新装版
ページ数 358p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-88695-206-6
NCID BA85178252
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想