分節構造と社会的結合 : 年報 都市史研究  15

都市史研究会【編】

[目次]

  • 特集 分節構造と社会的結合(中国近世の都市と礼の威力
  • 江戸の武家屋敷-江戸勤番武士の行動と交際
  • チャリティとは慈善か-公益団体のイギリス史
  • 近世禁裏御所と都市社会-内侍所参詣を中心として
  • 仏領期ベトナムの都市組織の変容-街区形態の変容とそれを支えた社会組織の変容
  • 「町村」の近代化と地主-大阪・難波村を事例に
  • シンポジウム討論の記録)
  • 論文 民国期厦門の都市改造-街路整備による新たな都市空間の創出
  • 研究ノート 後北条領国における宿と身分
  • 研究動向 パリ史へのアプローチ-文献紹介
  • 書評
  • 新刊紹介
  • 時評 現代都市事情10-東京駅とその周辺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分節構造と社会的結合 : 年報 都市史研究
著作者等 都市史研究会
書名ヨミ ブンセツコウゾウトシャカイテキケツゴウ : ネンポウトシシケンキュウ : 15
巻冊次 15
出版元 山川出版社
刊行年月 2007.12.25
ページ数 162p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-634-52743-0
NCID BA84234642
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想