書式 成年後見の実務 : 申立てから終了までの書式と理論

東京家裁成年後見研究会【編】

成年後見の審判手続に係る申立書・審判書等の書式・記載例を網羅的に収録。後見等開始の申立てから、後見事務の報告、報酬付与の申立てまで、豊富な書式と記載例を織り込んだ後見実務の実践的手引書。成年後見事件にかかわる弁護士、司法書士、社会福祉士、裁判所関係者等必携。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 家事事件としての成年後見事件
  • 第1章 成年後見制度の概要
  • 第2章 後見開始の審判申立事件
  • 第3章 保佐開始の審判申立事件
  • 第4章 補助開始の審判申立事件
  • 第5章 後見等開始の審判前の保全処分事件
  • 第6章 法定後見関係の付随事件
  • 第7章 任意後見監督人選任申立事件
  • 第8章 任意後見関係の付随事件
  • 第9章 法定後見の終了・成年後見人等の任務の終了
  • 第10章 後見監督

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書式 成年後見の実務 : 申立てから終了までの書式と理論
著作者等 東京家裁成年後見研究会
書名ヨミ ショシキセイネンコウケンノジツム : モウシタテカラシュウリョウマデノショシキトリロン
シリーズ名 裁判事務手続講座 第21巻
出版元 民事法研究会
刊行年月 2007.12.13
ページ数 356p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89628-425-6
NCID BA84269308
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想