保田與重郎のくらし : 京都・身余堂の四季

水野 克比古【写真・文】;水野 秀比古【写真】

戦争が終って十年余の後、京都・鳴瀧、文徳天皇陵に隣り合って新室を建て、四半世紀近くを過ごした保田のくらしぶりを、京を撮って人気の高い写真家の作品と縁りの文章で構成する祈念の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 藍毘尼青瓷茶會(保田與重郎)
  • 建築家の目から見た身余堂(山中恵子)
  • 撮影随感(水野克比古)
  • 保田邸のこと(中谷孝雄)
  • 鳴瀧秋色抄(保田典子)
  • わが新室の真木柱はも(谷崎昭男)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保田與重郎のくらし : 京都・身余堂の四季
著作者等 谷崎 昭男
水野 秀比古
水野 克比古
書名ヨミ ヤスダヨジュウロウノクラシ : キョウトシンヨドウノシキ
出版元 新学社
刊行年月 2007.12.5
版表示 愛蔵版
ページ数 127p
大きさ 27×24cm
ISBN 978-4-7868-0162-4
NCID BA84650170
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想