あまりにも騒がしい孤独

フラバル ボフミル【著】<Hrabal Bohumil>;石川 達夫【訳】

ナチズムとスターリニズムの両方を経験し、過酷な生を生きざるをえないチェコ庶民。その一人、故紙処理係のハニチャは、毎日運びこまれてくる故紙を潰しながら、時折見つかる美しい本を救い出し、そこに書かれた美しい文章を読むことを生きがいとしていたが…カフカ的不条理に満ちた日々を送りながらも、その生活の中に一瞬の奇跡を見出そうとする主人公の姿を、メランコリックに、かつ滑稽に描き出す、フラバルの傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あまりにも騒がしい孤独
著作者等 Hrabal, Bohumil
石川 達夫
フラバル ボフミル
書名ヨミ アマリニモサワガシイコドク
シリーズ名 東欧の想像力 2
出版元 松籟社
刊行年月 2007.12.14
ページ数 156p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-87984-257-2
NCID BA84153325
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 チェコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想