有機農業の技術開発の課題

日本有機農業学会【編】

[目次]

  • 1 有機農業の技術開発をどう進めるか(有機農業推進法の施行と有機農業技術開発の戦略課題
  • 代替資材依存型技術から本物の有機農業技術の確立へ
  • 低投入・安定型の栽培へ
  • 草に言づてできる有機農業を-近代化を超えていく技術思想の構築 ほか)
  • 2 有機農業を研究する(三重県を中心とする生ごみ堆肥化活動の到達点と住民参加の実態
  • 雑草の生えにくい土の状態-総合的水田雑草管理における施肥の影響
  • 雨よけハウスを利用したコマツナ無農薬周年栽培を安定化させる技術体系の導入効果と課題
  • 有機農業の産消提携における消費者類型-地域環境派と食の安全派 ほか)
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有機農業の技術開発の課題
著作者等 日本有機農業学会
書名ヨミ ユウキノウギョウノギジュツカイハツノカダイ
シリーズ名 有機農業研究年報 Vol.7
出版元 コモンズ
刊行年月 2007.12.10
ページ数 277p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-86187-044-6
NCID BA84090021
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想