基礎と臨床の最新知見 : エンドトキシン研究  10

日本エンドトキシン研究会【編】

[目次]

  • 第1章 シンポジウム1「Endotoxinと生体反応-基礎」(LPSによるマクロファージ遊走活性におけるプロスタグランジンの役割
  • 感染ストレス条件下におけるグルココルチコイドの生殖機能維持機構について)
  • 第2章 シンポジウム2「Endotoxinと生体反応-臨床」(低エンドトキシン活性を示すHelicobacter pyloriリポ多糖の炎症反応惹起機構
  • 新しい細菌性トリアシル型リポペプチド構造類縁化合物の宿主細胞活性化機構 ほか)
  • 第3章 平成18年度日本エンドトキシン研究会奨励賞受賞講演(エンドトキシンに関連する全身炎症反応、血管内皮傷害、凝固・線溶異常の保護的分子の研究
  • Sepsisにおける内因性TLR ligandを介した臓器障害)
  • 第4章 一般演題(血液製剤の発熱性物質管理
  • エンドトキシンと自律神経系 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基礎と臨床の最新知見 : エンドトキシン研究
著作者等 日本エンドトキシン研究会
書名ヨミ キソトリンショウノサイシンチケン : エンドトキシンケンキュウ : 10
巻冊次 10
出版元 医学図書出版
刊行年月 2007.10.31
ページ数 144,2p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-87151-347-0
NCID BA84329727
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想