アメリカ演劇 : エドワード・オールビー特集2  19

[目次]

  • エドワード・オールビー特集2(エドワード・オールビーが語る「アメリカ」
  • 90年代以降のエドワード・オールビー戯曲における「ダミー」の劇的効果
  • 多文化主義時代のオールビーの家族劇-その演劇的ストラテジー
  • 優れて独創的な劇構造-オールビー『三人の背の高い女たち』論
  • 「悲劇の定義のための覚書」-『山羊』が提示する現代の悲劇
  • 『ベッシー・スミスの死』再考-人間社会の光と影
  • 『デリケート・バランス』-弱者優位ゲームの結末)
  • 二つの時間と閉ざされた空間からの告発-アーサー・ミラーの『何も思い出せない』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ演劇 : エドワード・オールビー特集2
著作者等 全国アメリカ演劇研究者会議
日本アメリカ演劇学会
書名ヨミ アメリカエンゲキ : エドワードオールビートクシュウ2 : 19
巻冊次 19
出版元 全国アメリカ演劇研究者会議
法政大学出版局
刊行年月 2007.12.15
ページ数 145p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-588-99819-5
NCID BN07253349
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想