日本史概説  1 上

石母田 正;松島 栄一【著】

読者とともに考えるという姿勢のもと、政治史を中心に諸部面にわたる総合的な日本古代・中世史像を生き生きと描き出した名著。歴史的事件の経過を通して法則的なものを捉えようとした努力は特に注目に値する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原始社会の発展(日本歴史の黎明
  • 農業社会の成立
  • 原始社会の終末)
  • 第2章 古代国家(古代国家の成立
  • 古代文化の形成
  • 大化改新と律令制
  • 古代国家の感性
  • 古代文化の開花)
  • 第3章 古代国家の没落(摂関政治への過程
  • 荘園と武士
  • 古代末期の貴族文化
  • 院政と内乱)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史概説
著作者等 北島 正元
松島 栄一
石母田 正
書名ヨミ ニホンシガイセツ : ジョウ
シリーズ名 岩波全書セレクション
巻冊次 1 上
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11.22
ページ数 217p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-00-021883-2
NCID BA84066628
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想