日本史概説  3

北島 正元【著】

織豊政権の成立から明治維新にいたる約3世紀の日本の歩みを叙述する。本書の主要な課題は二つある。一つは戦国百年の乱世を通して形成されてきた地域的封建制が、統一政権の主導により、幕藩体制の確立に導かれてゆく内外の諸条件を明らかにすること、いま一つは明治維新の必然性を、幕藩体制の成立・解体の中から探り出すことである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2章 幕藩体制の解体(つづき)(化政期の政治と経済
  • 封建制解体期の学問と思想
  • 江戸文化と地方文化)
  • 第3章 明治維新(危機の深化と天保改革
  • 開国と攘夷
  • 江戸幕府の倒壊)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史概説
著作者等 北島 正元
松島 栄一
石母田 正
書名ヨミ ニホンシガイセツ : 3
シリーズ名 岩波全書セレクション
巻冊次 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11.22
ページ数 534,61p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-00-021886-3
NCID BA84066628
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想