鎌倉遺文研究  第20号

鎌倉遺文研究会【編】

会員による、『鎌倉遺文』に関わる論文・史料紹介・研究ノートおよび研究余瀝の投稿。本号では、論文四本と研究ノート一本を掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「文治二年五月の兼実宛頼朝折紙」管見
  • 『鎌倉遺文』にみる中世の絹・糸・綿生産と収取方式の推移
  • 鎮西探題における引付評定の式日について
  • 留守所発給文書の変遷にみる目代の基礎的考察
  • 鎌倉時代の石見国守護について
  • 『鎌倉遺文』未収録「東寺百合文書」(20)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉遺文研究
著作者等 鎌倉遺文研究会
書名ヨミ カマクライブンケンキュウ : 20
巻冊次 第20号
出版元 吉川弘文館
鎌倉遺文研究会
刊行年月 2007.10.20
ページ数 108p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-642-09000-1
ISSN 13450921
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想