ワークライフバランス社会をめざして

着実に社会は変わりつつあるが、さまざまなデータは、現実には、相変わらず女性が家庭を優先し、仕事を二の次にせざるを得ないことを示してきた。男性の正社員や常用型派遣労働者は仕事重視志向が高いのに対し、パートタイマーや女性の派遣労働者は生活重視指向が強くなる。本号では、女性の視点からワークライフバランスを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 仕事観の形成 仕事観の形成とワークライフバランス
  • キャリア教育 若者たちへのキャリア教育を考える
  • シングル女性 漫画『働きマン』にみるワークライフバランス
  • 子育て 子育て期のワークライフバランス
  • 男性の育児休業 父親とワークライフバランス-男性の育児休業のゆくえ
  • 病児保育 病児保育にみるワークライフバランス
  • 夫の単身赴任 夫の単身赴任による夫婦のワークライフバランス-妻の立場から
  • 再就職 四〇代からの再就職にみるワークライフバランス
  • 離婚 離婚とワークライフバランス-女性の人生に仕事がもたらす意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワークライフバランス社会をめざして
書名ヨミ ワークライフバランスシャカイヲメザシテ
出版元 三学出版
女性ライフサイクル研究所
刊行年月 2007.11.1
ページ数 96p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-903520-18-6
ISSN 09175660
NCID BA89487678
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想