環境破壊の衝撃1966‐2007

樋口 健二【著】

1966年から2007年の41年という歳月は、日本経済の成長期であると同時に、バブル経済崩壊という時代を経験しながらも、環境破壊の象徴的な時代といっても過言ではないだろう(あとがきより)。北海道から沖縄まで、自然破壊、労働者災害の現場を追って歩いた記録。四日市、JCO臨界事故など最新取材を収録したフォト・ルポルタージュ第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間破壊(石油化学コンビナート都市四日市 四日市ぜんそく-大気汚染、海洋汚染 三重県四日市市 一九六六‐二〇〇六年
  • ダンプ街道 じん肺-交通公害 千葉県君津市 一九八二‐一九九四年 ほか)
  • 第2章 自然破壊(白神山地が世界遺産に登録 ブナ原生林の伐採-秋田県山本郡藤里町 一九八三・二〇〇六年
  • 蘇るか諏訪の湖 廃水廃液被害-長野県諏訪市、下諏訪町、岡谷市 一九七六‐一九八五年 ほか)
  • 第3章 開発という破壊(東京湾の臨海開発 海の埋め立て、巨大ビル、高層マンション、高速道路-東京都、千葉県 一九八六‐二〇〇七年
  • ゴルフ場列島とバブル経済宝壊 農薬散布、除草剤、森林伐採-群馬県沼田市白沢町 一九九〇年 ほか)
  • 第4章 原発安全神話(東海村JCO臨界事故 放射線災害-茨城県那珂郡東海村 一九九九‐二〇〇六年
  • 被曝労働者の存在 原発下請け労働者-一九七三‐二〇〇六年 ほか)
  • 第5章 労働者災害(北海道じん肺訴訟 じん肺-北海道内 一九八〇‐一九九二年
  • 別子銅山振動病・じん肺 行政と企業の無責任-愛媛県新居浜市別子 一九八四年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境破壊の衝撃1966‐2007
著作者等 樋口 健二
書名ヨミ カンキョウハカイノショウゲキセンキュウヒャクロクジュウロクニセンナナ
シリーズ名 新風舎文庫
出版元 新風舎
刊行年月 2007.10.20
ページ数 251p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-289-50761-0
NCID BA83824108
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想