西欧キリスト教文明の終焉 : 日本人と日本の風土が育んだ自然と生命の摂理

中西 真彦;土居 正稔【著】

[目次]

  • 第1章 西欧キリスト教文明の「明」と「暗」(ヘレニズムの流れに見る「明」の側面
  • ヘブライズムの源流=キリスト教 ほか)
  • 第2章 日本文明の基層に新しい文明の理念を探る(縄文時代こそ日本文明の母なる大地
  • 古事記の国生み神話の中に男と女の秘儀 ほか)
  • 第3章 「一つの心」と「共生」の生命論的根拠を探る(我々の住む地球、この特異な惑星
  • マイマイカブリの棲み分けと日本列島の成り立ち ほか)
  • 第4章 新たな文明論成立の礎となる生命論的人間論(機械には見られない生物独自の特異な働き
  • いのちの自然発生説を斬る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西欧キリスト教文明の終焉 : 日本人と日本の風土が育んだ自然と生命の摂理
著作者等 中西 真彦
土居 正稔
書名ヨミ セイオウキリストキョウブンメイノシュウエン : ニホンジントニホンノフウドガハグクンダシゼントセイメイノセツリ
出版元 JPS出版局
太陽出版
刊行年月 2007.10.10
ページ数 234p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-88469-540-8
NCID BA84132970
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想